• ハウスコンシェルジュ 山形店店長 遠藤

洗濯機の補修用性能部品の保有期間

広報担当の小松です。

補修用性能部品の保有期間が過ぎているかどうかは修理か買い替えかの重要なポイントでっす。補修用性能部品は、洗濯機の機能を維持するために必要な部品です。


この部品はメーカーの保有期限が定められているため、モデルが製造されてから6~7年程度が期限となります。


この期限内であれば、洗濯機の修理を行ってくれるものの、長年使用している洗濯機では修理できない可能性があります。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示