• ハウスコンシェルジュ 山形店店長 遠藤

業務用のエアコンの汚れと電気代や故障との関連性

広報担当の小松です。


業務用エアコンの掃除を行わずに放置していると、エアコン内部に汚れが蓄積します。

汚れが蓄積した場合、運転効率が落ち、消費電力が上がるため電気代が高くなるため注意しましょう。


また、内部にゴミや汚れが溜まったままの状態は、エアコンの過剰運転に繋がるため、故障するリスクが高くなってしまいます。故障のリスクを減らすためにも、定期的にエアコンクリーニングを行うことをおすすめします。


読んで下さりありがとうございます。感謝致します。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示