• ハウスコンシェルジュ 山形店店長 遠藤

冷房は熱気を逃がしてから

広報担当の小松です。

気温が高い日に窓を閉めて外出した後などは室内に熱気がこもっています。

そのような場合、一度窓をあけてから冷房をつけるようにしましょう。


部屋の温度が高い状態でエアコンを稼働させると設定温度へ下がるまで時間がかかり、電気代がかさみます。


熱気を逃がしてから冷房をつけることを意識してみましょう。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示