• ハウスコンシェルジュ 山形店店長 遠藤

冷房と熱中症

広報担当の小松です。


熱中症は高温多湿の環境下で起こりやすくなります。

そのため、真夏や梅雨明け後の暑い日は特に注意しましょう。


エアコンで冷房を長時間稼働させると、身体が快適な環境に慣れてしまうことから、高温多湿な状況に対応しにくくなります。


汗をうまくかけない、身体の熱を放出しにくくなるため、気温の高い環境下で体温をスムーズに上げられず、熱中症を引き起こす要因になります。冷房の使い過ぎには気をつけましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示